花より男子 二次小説とは

花より男子 二次小説とは

未だにロングセラーの漫画「花より男子」、その後を自分なりに妄想する人が多いらしく、「花より男子」にまつわる二次小説がネット上に溢れています。



サイトトップ > 二次小説とは

スポンサードリンク

花より男子 二次小説とは

二次小説とは


二次小説というものをご存知でしょうか。小説やドラマ、映画、お芝居、そして昔話でも、主人公達のその後が気になったことがあると思います。面白いストーリーだったのであればなおさら、登場人物への思い入れは強いでしょう。その登場人物たちがその後どうしたのか、幸せになったのか、願いは叶ったのか、好きな人とは結ばれたのかなどなど、妄想しだすとキリがありません。


そういう強い想いを持った人たちが、自分なりの「その後」を小説にしたものが「二次小説」です。こういった場合、登場人物に個性があればあるほど妄想は膨らんでいくようです。


『花より男子』は、神尾葉子による日本の少女漫画作品で、集英社の『マーガレット』で1992年から2004年まで連載されました。第41回の小学館漫画賞を受賞しています。読者の要望もあり、2005年10月よりドラマ化されましたが、第1シリーズはわずか9話という短い内容だったため、続編を望む声なども大きかったようです。


そこで、要望に答える形で、続編「花より男子2(リターンズ)」が2007年1月5日から3月16日まで前回と同じドラマ枠で放映されました。テレビドラマ化の他に、アニメ化や2度の映画化もされており、台湾でも『流星花園』の題名でテレビドラマ化もされています。


花より男子 二次小説とは

MENU



スポンサードリンク